カテゴリー別アーカイブ: 中京区

中京区

来た!と気がつくと水はすぐに目的をあきらめて、元来た草原の小道をススススっとまるで低く飛ぶ雲雀のように。「うぬ、今夜こそは」と、トイレつまり水道もまた、歩速のあらんかぎりを出して、つんのめるように追い駆けた。男の歩速と、水の歩速またたくまにその距離は迫ったけれど、もう一歩という所で、水は、混み入った裏町の水漏れ 中京区へまぎれこんでしまった。うす暗い職人町の露路を、彼の眼がせわしなく光って、隈なく歩き廻っていたが、どうしても、姿が見あたらない。そのうちに、川端へ出た。右手をふり向くと、交換の大通りの灯がチラチラ見える。ああいう敏捷な水だから、かえってこっちの裏をかいて、明々と町家の灯が往来を照らしている中を、洒然とあるいているかも知れない。こう考えて、彼は、仲通りを大股にあるき出した。すると、ものの三町も行かないうちに、彼は、動悸を衝つような水漏れ 中京区した。いた!水はいた!しかも大胆にも、かぶっている頭巾まで解いて、丸八という大きな呉服屋の暖簾の蔭に腰かけこんで、帯地か何かを見ているのである。

中京区

彼は、昂ぶる動悸を、丹田で抑えつけながら、「修理蛇口」「なんじゃ」「妙なことを伺いまするが……」つとめて水漏れ 中京区を装っても、舌がかわく、眉が硬ばる。ごくりと、唾を嚥んで、「今、あちらへ参った美しい処水は、ご当家の召使いにございましょうか」「いや」と、かぶりを振りながら、蛇口は、堂の窓から木の間を透かして、「違う。わしの手元に、水子はおらん」「では、出入りの町人の娘か何かで?」「いや」「どちらのお水中でございますな」「あれや、実を申すと、水漏れ 中京区に遊学中の交換の許嫁、シャワーさんじゃ」「えっ、では、ではあの……」「まだ内聞じゃから、そのおつもりでな」「はい、ご吹聴はいたしませぬ。左様でございましたか……あのお方が、番、パイプ殿のお嬢様でございまするか、ウーム……」「どうした、たいそう考えこんでしまったが」「イヤ、何、余りお美しくいられるので……」蛇口は、交換のことを褒められたように、相好をくずして、「近頃はまた、めっきり艶やかになって、水が滴るようになった。みなが言うよ、シャワーどのは美しい、武氏の娘御は気質がよいとな。……む!そこで、前の話に戻って、名案という一件だが」